寄贈本について

寄贈本について
現在、アゼルバイジャン言語大学に


書籍を送るプロジェクトを進めています。




その名も、


黒坂図書館10,000冊計画





<本プロジェクトの背景>


アゼルバイジャン共和国は親日国(日本びいき)であり、

日本を学びたいと思う学生や市民がいます。


一方で、日本語を学び、日本に触れるための

書籍が圧倒的に不足しているのが現状です。



2016年3月に私はアゼルバイジャンに実際に行きました。


その時に、アゼルバイジャン言語大学日本語センター長

ヤシャール先生と学生さんと知り合い、その話を直接聞きました。


アゼルバイジャンおいて日本のファンをさらに増やすだけでなく、



日本においてもアゼルバイジャンをもっと知って貰うには、

本の寄贈が役立つだろうと思い

日本から本を送ることを彼に約束しました。



知識は、人を高める。

僕はそう信じています。


人類が有史以来連綿と築き上げてきた知識や経験の多くは、

書物として伝えらてきています。


国々に伝わる神話や地域の昔ばなしだけでなく、

近現代に書かれた本にも書物には文字だけで伝えられない、

ストーリーが背景にあります。


書物と対峙・対話することにより、

人々は自分と世界との繋がりを再確認し、

個としての自立が始まります。



僕たちの目指しているゴールは、

・世界との繋がりを思い出し、

この世界を支える誇り高き人を増やす

 

・自分の経験や知恵を書籍として表現し、

それを後世に物語を交えて引き継ぐ



これを図書館を通じて目指しています。



その第一歩が、アゼルバイジャン共和国での、

黒坂図書館プロジェクト。


このプロジェクトでは、

10,000冊を送る計画をしています。


現在までに、300冊以上を送っています。


現在、2,000冊近い書物たちが

アゼルバイジャンへ旅立つのを今か今かと待っています。



その集まっている本は、

北は北海道、南は沖縄の個人の方々、

東京都文京区立真砂中央図書館、

神奈川大学本の架け橋プロジェクト

といった公的機関からの本も入っています。


みなさんにご協力頂ければ、アゼルバイジャンに送る書物も

数百年もすれば古文書。


数百年後の世界において、

送った書物とそれに付随する物語もあれば、

遥か以前に過ぎ去っている現在が、

未来においても人々の五感を刺激し、

手触り感のある世界として伝えられます。



これこそが、

図書館プロジェクトの原動力なんです。


<彼らに是非とも読んで欲しい本はありませんか?>


あなたにもこの計画を支える一員となって頂きたいと思っています。


不要な本も正直言うと、欲しいです。


でも、それよりもあなたがこれまでの人生で

 影響を受けたり、救われたり、新しい世界を知った本が、一番欲しいんです。


そして、その本とその本にまつわるあなただけの物語も。

(物語を書きこむ書式あります!)

 

<書籍について>


・現在のところ、 本のジャンルに制限はありません。


・絵本や児童書、マンガ、教科書、文芸書、

       ビジネス書まで幅広く送っています。


・これは読んで欲しいという本が一番寄贈して頂きたいです!

 



<本を寄贈をするための手順>

1)私たちの手元までの日本国内の送料のご負担
2)お送り頂く本のリストの作成(雛形があります)
3)本にまつわる物語のご提供


この上記3点をご了承頂ける場合は、
以下の受付フォームより必要事項をご記入頂けますでしょうか。

寄贈本受付フォーム

ご記入後、自動での応答メールが届くと思いますが、
寄贈本の送付先住所とリスト雛形(エクセルファイル)を
黒坂本人より直接ご登録のメールアドレスへお送り致します。

また、本にまつわる物語を記載するためのポストカードを
ご登録のご住所へ郵送致します。
ポストカードへ記入して頂いて本と共に送付先住所へ送付下さい。

それではご登録をお待ちしております。
あなたの本をお待ちしています!

また、本は処分したばかりだけれど、協力はしたいといった場合であれば、
この記事をシェアして頂くという協力もありますので、ご協力お願い致します。
 どうぞよろしくお願いします!

 

黒坂図書館
代表 黒坂宗久