「経験資本と学習」を読んで

「経験資本と学習」を読んで
「経験資本と学習」という本が、上梓されています。
会社の同僚がその筆者の一人となっています。

同僚の席を通り越して、
私の席があるため、
その本の背表紙が目に入りました。

「経験資本」という文字を見て、
一発でその意味するところが理解できました。

ここの人が経験することは、
その人の人生を構成する大きな要素となることを意味していることを。

ざっと読んだところ、
イギリスの諺が載っていました。

「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」

その通りだなって思いました。
経験ということの大切さを物語るこの諺。

自分の経験を振り返り、
未来につなげるのが学問の立ち位置なのだと、
私も思います。

知識を知恵に変換するには、
おそらくその触媒としての経験が必要となるのだと思っています。

そしてこの本の最後には、
経験資本の特徴として、
「不可逆性というものがある」
との記述が
とても新鮮でした。

経験の対象は、
何度でも経験できるものであるが、
経験をする側の人間は、
常に同じ状況での経験ではない。

2度目の経験は、
1度目の経験を踏まえたものであるため、
その経験に対する考えや受け取り方は、
1度目と2度目では異なります。

そういった意味で、
個々の経験は固有の事象です。

なので、
あなたが明日経験することは、
明日限定かつ、あなた限定の経験です。

こうした観点からいうと、
ポジティブだろうがネガティブだろうが、
すべてのあなただけの経験ということになります。

それをどのようの捉え、
自分の今後に生かすのかということは、
それぞれ個々の考えや選択にかかっています。

そして、
その考えや選択は、
これまでのあなた自身の経験によって
組み立てられています。

なんだかぐるぐると回るようで、
目が回りますが、
こうした経験についての考察は
非常に参考になりました。

こうして考えてみると、
この世での個人の役割には重複はないのでは?
と思わずにいられませんし、
この世界というのは決して一つではなく、
人間の数だけ世界があるのだと思えます。
 
それはある現象に対する捉え方や見え方まで、
個人個人の経験によって違うとすれば、
一つの事実と無限の解釈というのが成立します。
それゆえに世界は色とりどりの
百花繚乱の世界ということになります。
 
世界はやはり面白いです!!