伝えてみてください

伝えてみてください
あなたを含むすべての人には、
それぞれのストーリー(物語)があります。

私たちは、
街の中で、
交差点で、
エレベーターの中で、
すれ違う見知らぬ多くの人には、
それぞれの物語があることを忘れがちなように思います。

そして、
他人に対してもそうであるように、
自分の物語についても忘れがちなように思います。

だから、
どうでしょう、
ブログを書いたり、
Facebook、Twitterとかで、
あなたの物語の断片を紡いでみたら。

あなたの人生の断片を記録することで、
過ぎ行く時間の中で忘れてしまう出来事や
その時の感情といった
大切な事象を記す。

無駄に成るとは思いません。
どんな些細なことでも、
どんなアホなことでも、
それはあなたの一部です。

そうした自分を知ることは、
確実にあなたの世界を広げる足がかりとなります。

なぜなら、
その記したとある時点のあなたがその時の目印となり、
世界を広げておく骨格の一部となるからです。

その骨格のポイントを増やせば増やすほど、
あなたの物語の断片を紡げば紡ぐほど、
あなたの世界が安定して広がっていくことを
確信できるようになると思います。

過去の自分と向き合うきっかけとなりだけでなく、
自分が通ってきた道をもう一度振り返り、
同じ道を歩む者への道標にもなります。

だから、
私はあなたの物語を聞きたいと思う。

あなたがどんなことを考えて、
あなたがどんな行動をしてきたかを知ることで、
あなたをより深く知ることができるから。

あなたのためにも、
誰かのためにも、
伝えてみてください。