資産と負債の違い

資産と負債の違い
資産と負債の違い

投資と消費の違い

どのようにお考えですか?

自宅を買えば資産になりますよ、とか
この株式を買って投資しませんか、とか

色々と資産や投資という言葉は聞くと思います。
それもイメージ的には良い感じで語られることが多いかなと思います。
一方、負債や消費という言葉はネガティブなイメージで語られます。

そんなに負債が合って大丈夫、とか
消費ではなく貯蓄にお金を回しましょう、とか
それって当たり前だと、私は思っていました。

でも、それって当たり前じゃないかもしれないって、
今では思っています。

当たり前のことを疑う機会はあまりないので、
私にとってその機会はとても貴重な経験となりました。

会社を休職したときに、
金持ち父さんシリーズを偶然にも読みました。
(もし知りたい方が居れば、調べてみて下さい)

どうして読んだのか?

それは、
収入が途絶えるという、恐ろしい状況に陥ったからです。

どうしよう!

なにか給料以外からの収入を得る方法を見つけなくては!
と、頭から離れなくなりました。

そんな時に新聞広告に載っていたのです、
金持ち父さん貧乏父さん改訂版が発売されますよって。

なにかピンとくるものがあり、
本屋に立ち寄り、購入しました。

色々とためになる話があるのですが、
今回は資産に焦点を当てたいと思います。

衝撃の内容が(私にとって)書かれていました。。。

資産は、お金をポケットに入れるもの、
負債は、お金をポケットから取っていくもの
と定義しているのです、
筆者のロバート・キヨサキは。

自宅を持っていたって、そこからお金が入って来なければ負債!
本当に衝撃的な内容でした。

それでいて、とてもシンプルな定義。
恐らく小学生にも理解できると思います、この定義。

少し話はそれるのですが、
最近読んだ本で学んだことがあります。

「手に入れたものを自分の為だけに使うのではなく、
人のために使えば、それはお金を生み出す。」

この一文は、
これまでの考えを一歩進めてくれました。


投資したものをどう使うかによって、
資産にも負債にもなる。

だた、投資を資産にきちんと変えていくために、
その投資を自分のためだけにしない。

私にとって非常に納得できる内容です。

皆さんはどう思われますか?

自分が楽しい!
って気持ちも大切にしつつ、

人の為にどう活かしていくのかという視点も加えて、
やっていこうと思っています。

さて、この文章は出社前の時間に、
会社の1階のカフェで、
サンドイッチと紅茶と共に書いています。

この420円は投資に近い消費?
とにかくいつもの読書だったりとは違う、
より意味深い感じがしています。