【書籍】かみさまは小学5年生

【書籍】かみさまは小学5年生
ふと目にした、この本。
かみさまは小学5年生

私が本を買う時はだいたい2パターンあります。
1)誰かが紹介していた本もしくは紹介して貰った本
2)ふと目にして、なんか感じるものがあった本

今回は2番目のパターンです。
直感的に読んでみよっかなと思った本。
 
生まれてくる前の世界や胎内の記憶を持つ少女の
手紙をベースにした本です。
 
ただ、内容としては小学5年生と思えません。
それこそかみさまが書いたのかなと思ってしまいます。

スピリチュアルな内容ではあるので、
信じる人もいれば信じない人もいるとは思います。

私はそういうのを信じています。

というのも、小さい頃に妖精みたいなものを見たことがあります。
夜眼を覚ますと、目の前に顔が大きい小人がじっと私を見ていて、
ふっと消えたことが2回あるんです(初めて話します。。。)。
 
それ以来、そう言う見えない世界ってのはあるんだろうな〜ってのを
漠然と思っていて、妖精とか幽霊とか神様とか天使とかも
いたって何らおかしくないわなって思いながら読みました。

とても読みやすいので2時間弱で読み終わりましたが、
とても良いメッセージを頂けたなって思います。

その中で、今の私にとってグッとくる一節がありました。

<生きているときくらい、いいじゃないか??>
生きているときくらい、いいじゃないか!!
ふざけたっていいじゃないか!!
アホでもいいじゃないか!!
アホで何が悪い!!
ふざけてなにが悪い!!
たのしく生きてなにが悪い!!
きゅうくつな箱から、出てきなよ。
もう、自由に生きなよ。
心にしたがって生きなよ。
いっぱい遊びなよ。
こどもにもどりなよ。
もうこれからは、自分の好きなとおりに生きなよ。


やっぱり年齢とか経験とか関係なくって、
こうした言葉に出会えて良かったって思うし、
どんな場面・境遇でも学びを得ることはできるんだなって思いました。

いつかこのすみれちゃん(下の写真)に会ってみたいな〜。
2018-07-31 16.24.56どんなお話ができるんだろうか。
手厳しいことを言われるんだとは思いますが、
想像しただけで、ワクワクしてしまいます。

世界は本当に広いなって思います。
自分が知っていることなんて、ほんのちょっぴり。
そう思うと素直になれる自分がいます。