【書籍】希望の国のエクソダス

【書籍】希望の国のエクソダス
正直言って、この本はやばい。。。

村上龍が18年前の2000年に出版されたこの本は、
その出版年を知らなければ最近出された本だと間違うと思う。

そのくらい現代を言い当てているというか、
現代の社会としての問題点を扱った内容になっている。

教育問題だけでなく、メディアの立ち位置、大人の存在意義、地域通貨、
地方再生、ゆるやかな連携などなど、
今ではまさに毎日のように語られている内容が書かれている。
 
<ざっくりとしたストーリー>
日本から遠く離れた異国の地で起こったある事件をきっかけに、
日本の中学生80万人が不登校になり、日本を静かに揺さぶった。
その中学生は、インターネットを使ったビジネスを展開する。
全国規模の中学生ネットワーク「あすなろ」の誕生だ。
初めは大きくメディアに取り上げられるも、次第に無視される。
けれども、国会中継を機に国内外で無視できない存在になり、
ついには北海道へ数十万人規模の移住を開始し、新しい世界を作り始める。。。。
 

まずは読んでみて欲しいなぁって思う。

おそらく、読む人の現場によって受け取り方は色々あると思います。
私がこの本を知ったのは、クラウドファンディングCAMPFIRE代表の家入さんが
ツイッターでこの本を勧めていたから。特に起業を目指す人に対して。。。

私は起業を目指しているわけではないですが、
この本の持つメッセージは起業家には大切なんだろうなと思います。
この世界への怒り、やるせなさをそのままで終わらせるのではなく、
それを少しでも変えてやろう思い行動に写した瞬間に、
起業家として一歩を踏み出すのかもしれないと思った。

すでに多くの人が語っているように、
インターネットの普及によりバーチャル空間を利用することにより
会ったこともない人たちとの間にゆるやかな連携が取れるようになっている。

私が黒坂図書館プロジェクトを進める上で、
アゼルバイジャンへの書籍の輸送費を調達に
クラウドファンディングを利用した。
色々な方々からお金を出して貰えるプラットフォームがあるのだ。
クラウドファンディング以前の世界では、
こうも容易に資金調達は出来なかったと思う。

このような世界にいる私たちは、幸運だと思います。
あとは、その幸運を使うのかそれともそれを眺めているのか。
いつの時代もその選択は私たちに委ねられているのだと思う。

もし良かったら読んでみて下さい。
刺激になると思いますよ、ほんとに。
希望の国のエクソダス