【映画】ワンダー 君は太陽

【映画】ワンダー 君は太陽
最近、映画館に行くようになりました。
 
中学の頃から映画館に行くのが好きで、
その頃住んでいた横浜では、
横浜駅の相鉄ムービルが地元映画館。
 
今でも覚えているのは、
小松の親分(小松政夫さん)が昔働いていた自動車販売会社のCMで、
営業成績が悪かった当時のグラフを見せられて、
いつものモノマネの「怖いですね、怖いですね」って言って落ちる。
なんの映画を見たか覚えてないけれど、そんな思い出があります。


さて、今回「ワンダー 君は太陽」を観ました。
「万引き家族」に続き、家族もの。

最初の方から泣きっぱなしでした。

昔は子供だった私は、
今や夫となり、
そして2児の父となりました。
この映画は子供、父親の立場で観ました。

主人公の視点、
主人公の姉の視点、
父や母の視点、
主人公の友達の視点。

色々な角度でそれぞれの登場人物の背景が描かれています。

それぞれの登場人物の人生の糸が絡まっているのですが、
主人公を中心に話が進むにつれて、
少しずつ解れて行きます。

それぞれの登場人物はそれぞれの人生を生きるしかなく、
その中で「親切にする」という行動を選択し、
世界が良くなっていく物語です。

劇中にこのような言葉が出てきます。

When given the choice between being right or being kind, 
choose kind.

正しいことをするか、親切にするか、
どちらか選ばなくてはいけいないなら、

親切を選ぼう。

これが大切なメッセージです。
世界は良くできるんだと勇気を貰いました。

ご存知の方も多いと思いますが、この映画には原作があります。
R・J・パラシオ著/中井はるの訳
41sJgplciNL._SX350_BO1,204,203,200_私は原作を読んでいないので、
機会があれば読みたいと思っています。

そして子供にも読んで貰いたいな。