その場に居ること

その場に居ること

成功の
80%は、

そこにいることで決まる。

ウッディ・アレン

その時のその場所にいる、
ってことがいかに大切かとうこと。 

だって、それはそうだと思うんです。

何かが決まる瞬間とかに立ち会うことで、
チャンスをつかむとかよくあると思うんです。


例えば、僕の話でいうと、
アゼルバイジャンに視察に行った際に話。

ヤシャール先生と一対一で話すタイミングがあり、
その時に聞いたんです。

「日本語の本が足りないんですよ。。。」
これを聞いたのは多分僕だけ。

だから、
まだ誰も送っていないのも分かったので、
僕は帰国後大急ぎで、本を集め、郵送したんです。
だから、今黒坂図書館もできたりと現実が大きく変化しました。

こんな事例からもわかるように、
「その時」に「その場」いることで、
貴重な情報に触れることが大切なんです。
そして、それを行動に移すことが大切です。


「その場にいること」
 ↓
「チャンスを察知すること」
 ↓
「行動に移すこと」

 の順に動いていく必要があります。

その場にいることは偶然なのでは?
との声も聞こえそうですが、
偶然の場合もあるかとは思います。

でも、
何かやろうと動いている場合などでは、
気になる人が飲み会に誘ってきたら、
断らずに行くと思うんです、恐らく。

これは積極的な意味で「その場にいること」を
作り出すいい例だと思います。

でも、その会に出ても目的の話が出ないかもしれませんが、
その話を自ら相手に振ることはできます。

自分の望みの方向へ進める土俵には少なくも立てているので、
あとは「察知する」アンテナを立てて、
丁寧に拾っていくことができれば、必ず何を得られると思っています。

そのあとは、やるだけ。
失敗なんて気にしないで、まず動く!
それをしないとおそらく何も見えてこないんだなと、
今は思っています。



ちょっと怖いけど、
ちょっと動いてみようかなって

思ってくれると嬉しいです!