やっていいんですよ、好きに

やっていいんですよ、好きに
特に会社の上の人と話すと、

何を、
いつまでに、どうやるの?

みたいなことをよく言います。
自分も人に対していうこともあります。

納期が3月末だから、

2月末までに、
データを全て集めておいて、
3月初旬にレポートを書いて、
3月中旬に一旦お客さんに見せて、
そして最終的に納品する。

みたいに逆算して考えて、
ゴールに到達する道筋をきちんと考える。
ってことを、やります。

でも、、、
実は私はこれが苦手。
コンサルタントなのに。。。。


やりますよ、やりますけど、、、
苦手なんです。

私はもともと研究者だったのもあって、
一つのことに没頭してしまいます。。。

だから、
スケジュールを逆算して
どうこうって
ことをあまり考えてこなかった。

それでもきちんと形になってきました。
論文だって何本も書いてきましたし、
博士号だって取ったんです。
それにアメリカに研究留学だってしました。

ほとんど
逆算してって考えで動いてこなかった。。。

アメリカ留学のためには、
博士号が必要で、
そのためには、
筆頭著者論文が数報必要で、
そのためには、
こんなデータが必要で、
そのためには、
こうした実験系が必要で。。。。。

そんなことをこれっぽっちも考えたことはなかったけど、
今思い返すとこの道筋になっています。

過去を説明するのには、
逆算して考える方法が便利な論理なのだと思います。

対他人用の論理的思考ですね。
筋の通った説明(論理的)には、
前後の行動に何らかの意味があって、
それらがきちんと繋がっていると理解されやすい。

だから共通言語しての論理として、
逆算した筋道の方が分かりやすい話し方、
となります。
そりゃそうなんです、筋が通っているんですから。



でもね、わかっていると思うんです。

あなたは。

逆算して道筋をきちんと思い描いていなくたって、
今この瞬間にあなたが没頭したり、
楽しんだりしながらやっていることは、
100%正解だということを。

だれかにそれを説明しようとするから、
あなたがあなたを理解できなくなるんです。

まずは、
あなたがあなたを受け入れる。

自分がやっていることなんですから、
あなたがやると決めてやっていることなんですから、
いいんです、それで。

まあ、会社での仕事ではそうは行かないかもしれませんが、
あなた自身のことならば、
やりたいことを
やりたいように
やればいいんですよ。

だれになんと言われたってね。

そんなことを今日思い至りました。