解釈が世界を作っている

解釈が世界を作っている
ニーチェのあまりにも有名な言葉。


それにしても、
「Fact:事実」の語源が、
「作られたもの」とは知りませんでした。。。
この語源を知って、
少しばかりかかなり複雑な気持ちです。。。



さてこのニーチェの言葉の話。

解釈のみという言葉は、正しい。
と私はおもっています。


科学の世界においても、
よく〇〇説で論争、とかありますが、
これも同じ科学的な結果に対しての、
解釈をめぐる知的論争な訳です。

科学的結果が「事実」とすれば、
それよりも解釈に重きを置いている証拠です。

科学ではなく、
私たちの日常に目を向けても全く同じ光景があります。

例えば、誰かとランチに行って、
中華料理をシェアしながら食べても、
同じ皿の料理に対して、
美味しいって人がいたり、
イマイチだなって人もいます。

これは各人の「解釈」が異なることに起因します。

突き詰めると、
個人のこれまでの経験や知識といった、
個人を構成する要素が全く異なるからです。

世界は人の数だけあるとか、
あたなが世界の中心ですとか、
と言うのは、こうした理由です。

あなたしか知覚できない世界が確実に存在しているからです。

だから、
あなたは誰かに気兼ねすることなく、
あなたの世界を楽しんだら良い、
と私は常々思っています。

多分、
誰かに何かを言われて、

そうだなって肯定的に思うときもあれば、
なんか違うって否定的に思うときもあると思います。

肯定的に捉えるときは、
たぶんあなたの世界の1側面を捉えていて、
誰かとあなたはその1側面の見方については、
ほとんど同じ世界観を持っています。

否定的に捉えるときは、
たぶんあたなの世界の見え方とは違う視点で、
誰かとあなたは違う立場にいます。

否定的な捉え方をするときには、
色々な学びがあると思っています。

否定的に捉える場合は、
あなたとは違う視点からの情報に接触したからです。

ということは、
・世界には違う視点があるという学び
・やっぱり自分の視点はしっくりくるなという確認
・相手をより深く知る機会
・自分の世界をより客観的に見るきっかけ

要約するとこんなことを知り得るチャンスでもあります。

まあ、
こうした考え方もすべてが物事の解釈という

枠組みからは出ていないんですけどね。。。