ドラッガー晩年の詩

ドラッガー晩年の詩
ピーター.F.ドラッカーといえば、
マネジメントの大家として有名です。
 
彼は95歳でこの世を去るまで、
様々な人たちや組織に対して、
多大な影響を与えています。

その彼が、晩年に綴った詩があります。

何度かご紹介している詩なのですが、
とても大好きな詩なのでこちらでもご紹介しますね。


私がこうして情報発信をするようになって、
新しい世界を垣間見つつあります。

僕が僕自身の世界の話をした仕事場の人って数名なんですが、
私が体験している世界の話を
自然と受け入れられる人ってのが居るんです。

興味を持って聞いて来てくれる人が。
世界は広いし、深い。
と感じます。

身近にそれを感じるので、
世界には私やあなたを待っている人がいるのだと、
今は確信しています。


長くなりましたが、
ドラッガーの詩をどうぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう一度人生をやり直せるなら・・・・


今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、
もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、

もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、
それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、
もっと騒ごう、
もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にも
もっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、
豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは
出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、
春はもっと早くから裸足になり、
秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。


もう一度人生をやり直せるなら・・・・


だが、見ての通り、
私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、
他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、
落ち込んだり ・・・・


もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、
無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、
情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、
だからこそ、生きがいがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もし響いたら、誰かに教えて上げて下さい。

その人にとって何かが変わる
きっかけになるかもしれません。