協賛企業「DHLグローバルフォワーディング」

協賛企業「DHLグローバルフォワーディング」
黒坂図書館の活動に協賛して頂いている企業が2社あります。

今回は2社目のDHLグローバルフォワーディングのお話し。
https://www.logistics.dhl/jp-ja/home/our-divisions/global-forwarding.html

国際物流の場合、
・航空会社は荷主と直接に輸送の話しができない
・なので、代理店を通して依頼をする必要がある
・代理店をフォアーダーと呼ぶらしい
・相手国に応じて気をつける点が色々ある

というわけで、荷物の取り回しを一手に引き受けるフォワーダーを
きちんと選定する必要がありました。
実を言うと、航空会社の方とお話をした時に、
フォワーダーを紹介して頂きました。

その理由は、
アゼルバイジャンの首都バクーの空港に唯一事務所があるのが、
DHLのみだからです。

DHLの担当者の方にも

2016年6月28日にお会いしに行っています。

実際に送る際の
細かなオペレーション上の注意点など、
きちんとアゼルバイジャンの通関を
通す為の話ができました(^-^)

DHLのロゴの使用は、
DHLのグローバル本社の許可がでませんでしたが、
社名を出しても良い許可が出たことは、
実はすごい事らしいです(^-^)

どのような協賛か、というと。。。。

手数料をかなり割り引いて頂いています。

これから発送する約1500冊の本の輸送費で協力頂いています。
黒坂図書館の理念をお話し、
ご賛同頂き、協賛して頂く事になりました。

 
輸送まで約2年間掛かってしまいましたが、
やっとご担当者様にご報告できて嬉しいです。

本当に人の繋がりと言うのは、ありがたいですね。
こうしてご紹介頂いたからこそ今があるのだなと思います。